有機JAS認定

有機JAS認定のマカ

一般的に販売されているマカの栽培方法は、農薬や化学肥料を一切使用していない方法で、オーガニック栽培と呼ばれており、その栽培方法が人体に良いとされている栽培方法になり、この栽培方法によって生成されたマカは特別な物になります。

その方法は、自然循環を大事にし、環境保全に努めた方法であり、自然に配慮された優れた栽培方法になります。

オーガニック栽培は、人間の体に害を及ぼす可能性のある化学肥料や、農薬を一切使用しないので、人間にとってより一層の安全性の高い食材を提供する事が可能なのです。
また、オーガニックによって栽培されている農産物は、それ以外の食料でも安全性に配慮され、高品質の農産物として利用されています。

有機JAS認定は、こういった環境で栽培されたマカにしかその認定を受ける事が出来ません。
また、この認定は、農水省が制定しており、食品業者は、有機JAS認定の規定を満たしていない限り、製品に「有機」や「オーガニック」という表記を示すことが出来ません。
マカも同様で、認定基準を満たしているマカには、この認定を表記する事が出来るので、表記されているマカは、自然環境で化学肥料や有機肥料などを使用しない環境で栽培されたものとなり、高品質な製品という証明になります。

現在では、有機JAS認定を受けている物が増加していますが、それだけ自然環境で栽培した農産物が人間の体にとても良いという事になります。

有機の表記がされている農産物は、厳しい判定基準をクリアしているので、安心して消費する事が出来るので、表記が付いている農産物を消費する事をお勧めします。
マカは、色々な栄養素が豊富に含有しているので、こういったオーガニック栽培で製造された物を原材料として使用したサプリメントや健康食品を服用し、健康維持につなげる事が重要になります。

健康食品や、サプリメントは、表記を見ないとどの様な原材料を使用しているのか判断が出来ません。
サプリメントなどを購入する際には、原材料や栽培方法等をしっかりと確認し、体に有害な物が使用されていない製品を選択するように心がけましょう。