有機JAS認定

マカの根はハーブとしても活用

その実は、男性にも女性にも良い影響を与える成分を豊富に含有しており、その効果を実感している方も大勢います。
肉体疲労時の精力回復http://www.ruoma.jp/maka002.htmlなどの効果を発揮しますが、その根もハーブとして利用されている部分があります。

原産国はペルーで、アンデス高地で昔から栽培されていた植物です。
育つ環境はとても厳しく、土壌の栄養分をほとんど吸収して育つので、マカを栽培した土壌では、他の植物は育つのが難しいとも言われているくらいです。
それだけ過酷な環境で育つからこそ豊富な栄養素を含有しているのです。

マカは、その実だけが体に良い栄養分を持っていて利用されているように思われていますが、実はその根も利用されているのです。
マカはキャベツと同じアブラナ科に属しますが、キャベツの様に野菜ではなく植物なのです。
キャベツとは属性が異なるので、別の植物になります。
しかし、マカは野菜の仲間でもあり、ハーブの仲間でもあるので、わかりにくいです。
植物として見ると、野菜と同じような種類に属しますが、根の部分は薬用ハーブとして利用されているのです。

アンデス地方では、マカの根をそのまま焼いて食べたり、野菜炒めと一緒に食べる習慣もあるので、貴重な食料として根も食べているのです。
マカは、煮込み料理やスープにも応用できるので、現地の方は、よく食べるのです。

ハーブとして根を利用する場合、他の種類のハーブとも混ぜる事があり、相性が良く、ハーブの効果を向上させるハーブでなければなりません。
これもちょっと難しいのですが、マカの根で出来るハーブと相性の良いハーブも存在し、実際に利用されているのです。
原産地では、身を食べ、根をハーブとして利用しているため、その実や根はほとんどが貴重な食料となります。

日本では、粉末状の物でも独特の味や臭いが苦手の方が多く、サプリメントでしか利用しませんが、ハーブが販売されていた場合、試しに購入してみる事をお勧めすします。
もし購入した場合、出来るだけ効果のある様な利用の仕方を行いましょう。